NeGiMeMo.net

ねぎさんのメモ帳。日常・メモ・ときどきWordPress。

テーマやプラグイン編集画面もコードを色分けできるSyntax Highlighting Editor

bell賞味期限切れコンテンツ

この記事は公開または最終更新から1283日くらい経過しています。
このメッセージが表示されている記事(特にプログラミング系)は情報が古くなっている可能性があるので注意して下さい。

Syntax Highlighting Editor

WordPressは結構インストール後もテーマファイルを弄ったりするのですが如何せん内蔵のエディターが使いにくいというか,ただのテキストエリアじゃん!みたいな状況なので,毎回Dreamweaverとかにまるまるコピーして編集後またエディターにペーストとかやってたのですが,どうにも効率が悪い。

なんかグラフィカルにするプラグインないかなーと思って探してみたら,こんなのみつけました。

Syntax Highlighting Editor

 

インストールして有効化するとテーマ編集やプラグイン編集画面も行番号付きコード色分け付きのエディターになります。

強調設定はHTML,PHP,CSSだけじゃなくJavaScriptやSQLなんかにも対応してますが,自動判別はついていない模様。
それでもこれ入れただけでかなり捗るようになりました。
あと一応設定でデフォルトの強調設定を変えられるので,よくつかうヤツに合わせておくといいんじゃないでしょうか?

因みにデフォルトだとロシア語ですが,設定から英語や他の言語にも切り替えられます。
もちろん日本語にも対応してるので安心ですね。

設定の変更は 設定→ SH Editorです。

SH Edntor 設定
設定可能なのはデフォルトの強調設定(上段)と
プラグインの中の表示言語設定(下段)だけと超シンプル。

一番下の [Сохранить] ってボタンを押せば保存です。まぁ雰囲気で判りますよねこのくらいならばw

ダウンロードは管理画面のプラグイン→新規追加から「Syntax Highlighting Editor」で検索するか,WordPress.ORGのプラグインページからどうぞ。

TAGS