NeGiMeMo.net

ねぎさんのメモ帳。日常・メモ・ときどきWordPress。

テーマの好きな所でショートコードを使う

bell賞味期限切れコンテンツ

この記事は公開または最終更新から1263日くらい経過しています。
このメッセージが表示されている記事(特にプログラミング系)は情報が古くなっている可能性があるので注意して下さい。

たまに使うので忘れないようにメモ。

プラグインなどの出力に使われることが多いショートコード。

よく使うところだと、みんな大好き Contact Form 7 を貼り付ける時とかでしょうか?

投稿ならそのまま [ショートコード] とするだけでいいんですが、テーマの中(footer.phpとか)では使えません。

そんな時はこうやって書くと投稿部分意外でもショートコードを展開できます。

こうすれば、

footer.phpに書けばフッターにお問い合せフォームがついたテーマなんかも簡単に作れますし、

single.php や page.php に直接書けば、毎回ショートコードを書かないでも常にお問い合せフォームが表示された投稿や固定ページを持つテーマなんかもつくれますね。

もちろんフォーム以外にもショートコードを持つプラグインはたくさんありますし、自分でショートコードを定義することだって出来ますので使い方が広がりそうです。

ショートコードの作り方についてはまたそのうちに…

あ、

ちなみにあまり使わないかもしれないけど、いきなりechoせずに、

ってすれば、ショートコードを出力する前に、展開した結果になにか加工してから出力なんてこともできるようですよ。
使い道があまり思いつきませんでしたが…

参考:

関数リファレンス/do shortcode
do_shortcode:WordPress私的マニュアル

 

TAGS