NeGiMeMo.net

ねぎさんのメモ帳。日常・メモ・ときどきWordPress。

WordPressのインストール階層を変える

bell賞味期限切れコンテンツ

この記事は公開または最終更新から1189日くらい経過しています。
このメッセージが表示されている記事(特にプログラミング系)は情報が古くなっている可能性があるので注意して下さい。

個人的に結構利用することが多いので主に自分メモです。

WordPressは大量のPHPファイルやその他のファイルで構成されているため、
サイトのルートに入れてしまうとファイルがごっちゃりしてしまい、そのサーバーにWPしかいれないならともかく、
すでに静的にサイトが作られていてそこにインストールするとなるとファイルだらけになっちゃいますし、うっかりコアファイルまで移動したり消したりなんてミスにもなりかねません。。

かといってフォルダを作ってインストールすると、

example.com/wp/foobar

なんて感じになってURLがちょっと…となってしまったりもします。

ブログだけWPとかならサブドメインにして、

foobar.example.com

なんてすればいいかもしれませんが、サイト全体をWPで構築する場合はどうせなら、

example.com

でアクセスしたいですよね。

そんな時に便利なのがインストール階層の変更です。

した準備

まず、以下のようなPHPファイルを作成します。

そしてこれを index.php として保存して、サイトルートなど、アクセスした時にWordPressを表示したい場所に設置します。

requireのあとの ./wp/wp-blog-header.php はwp-blog-header.phpまでのパスを指定します。通常は /wp/ 部分を自分がインストールしたフォルダ名にすれば大丈夫かと思われます。

上記の例は wp というフォルダにインストールした場合です。wordpressというフォルダに入れたなら ./wordpress/wp-blog-header.php ですね。

設定を変更する

つぎに、WordPressにログインして、「設定」→「一般設定」に入り、サイトアドレス (URL)を今index.phpを設置した階層に変更します。

この時 index.phpまでは書かずに、最後のスラッシュも付けないでください。

example.com/wp/

にインストールして、index.phpをexample.com直下に入れた場合は

example.com

とすればOK。

間違えてもWordPress アドレス (URL)の方を書き換えないように!これ間違えるとWordPressにログインできなくなります。

保存が完了したら最後に example.com にアクセスしてWordPressが表示されることを確認できたら完了です。

もし間違えたら…

万が一WordPressアドレス(URL)まで書き換えてログインできなくなった場合でも、PHPMyAdminなど、MySQLを操作できるツールを使ってログインすることが出来るのであれば、

「wp_options」テーブルを開き[*1]

option_name から siteurlとhome を探し、両方ともWordPressをインストールしたフォルダに戻せば、設定を変更する前まで戻すことが出来ます。 

(レンタルサーバーなどでも大抵はPHPMyAdminが使えるはずです)

.htaccess をコピーする

ちなみにこれやったあとにパーマリンクの設定がうまく行かなくなった場合はwordpressのインストールディレクトリに生成されている.htaccessをサイトルートにもコピーしてあげれば大丈夫なはずです。

自分が担当した案件でこの手法を使った時にパーマリンク設定が動かないときやエラーになる場合はこれで解決しました。

TAGS