NeGiMeMo.net

ねぎさんのメモ帳。日常・メモ・ときどきWordPress。

EC2のタイムゾーンを変更する

bell賞味期限切れコンテンツ

この記事は公開または最終更新から736日くらい経過しています。
このメッセージが表示されている記事(特にプログラミング系)は情報が古くなっている可能性があるので注意して下さい。

AWS の EC2 に Amazon Linux をインストールすると初期のタイムゾーンが UTC となっています。

ただこのままだとなにかと都合が悪いので、日本のタイムゾーンである JST に変更する方法。

タイムゾーンの情報は /usr/share/zoneinfo のなかにいっぱい保存されてます。日本の場合はその中の Japan を使うので、 /usr/share/zoneinfo/Japan を /etc/localtime にコピーすればOKです。

特に再起動とかもいらないみたいです。

date コマンドを使った時に、末尾に「JST」と出ていれば成功です。

ちなみに、UTC(Coordinated Universal Time)は協定世界時のことです。
そして JST(Japan Standard Time)は日本標準時のことで、UTCを9時間進めたものです。

TAGS