NeGiMeMo.net

ねぎさんのメモ帳。日常・メモ・ときどきWordPress。

急にアクセスが伸びたと思ったら

bell賞味期限切れコンテンツ

この記事は公開または最終更新から753日くらい経過しています。
このメッセージが表示されている記事(特にプログラミング系)は情報が古くなっている可能性があるので注意して下さい。

アナリティクスの計測タグが二重に設置されてましたとさorz

アナリティクスの結果が不自然に良くなったら注意

この状態になると、驚くべきことにアクセス数は二倍、直帰率は8%くらいまでおちます。また、滞在時間も妙に増えた気がしました。

多分ですが、どうも連続でトラッキングコードが呼び出されることで同じ人がサイト内でまたアクセスしてきたように見えているのかもしれません。

つまり、1回目の正しいコードが実行された時点でまずPV1、そして離脱する隙すら与えず2回目の余計な方のコードが実行された時点でPV2、同一ページですので遷移する暇もありませんがGoogle的にはこの間に別のページに移動したと勘違いし、直帰率は下がる、と。

だいたいそんなところなのでしょう。

修正する

 そもそも今回なんでこんなことになったのかというと、

GoogleAnalytics系のプラグインで、スクロール量などを計測できるというGoogleAnalyticsSuiteを試してみたかったのです。

これを利用するためにトラッキングコードを入力したのですが、その結果、以前から自分で設置していたトラッキングコードと被ってしまい、こうなっていたようです。

ということで、修正する方法ですが、一番簡単なのは、どちらかのトラッキングコードを消すこと、とくにプラグインが出力するものはプラグインを弄る必要があるので自分で手書きしているならそっちを削除するのが一番楽、かつ安全です。

ところがここでも問題が

自分は、アナリティクスの他のやつもいろいろ試していて、ちょうど最近ではトラッキングコードの部分に追記することでソーシャル関連を取得できるとかいう機能を実験中でした。

ですが、これは直書きしたコードのなかに追記する方法で使用します。

なので、手書きの方は削除できません。

かといって、プラグイン側もやっぱり削除は難しそう…。

これは手詰まりか?と思い、プラグインのアンインストールも考えながらさいど設定画面を開いてみると、どうもこのプラグインがトラッキングする項目を選択できるらしいということに気付きました。

gasuite

 

今回おかしかったのは、PVでしたので、とりあえずPageviewsのチェックを外して暫く様子見してみると…

 

おお、直った。

直帰率86%、PV900前後。まぁこんなもんですよね。

でもようやく4桁に入りそうです。100越えて喜んでいた頃よりは、成長できたのかな…?

TAGS