NeGiMeMo.net

ねぎさんのメモ帳。日常・メモ・ときどきWordPress。

Reeder for iOSのRSS取得元をFeedlyに切り替える方法

bell賞味期限切れコンテンツ

この記事は公開または最終更新から1244日くらい経過しています。
このメッセージが表示されている記事(特にプログラミング系)は情報が古くなっている可能性があるので注意して下さい。

みなさんご存知のように、Googleリーダーの提供が先日終了しました。

自分はRSSは主にまとめなどを読むのに使っていたため、古い順にみていたせいで新しい記事が来てないことに気づかなかったのですが、とうとうGoogleリーダー時代に取得していた分を読み切りそうなので今更ながら取得元をFeedlyに切り替えることにしました。

自分はReeder for iOSを愛用していましたので、GoogleリーダーからデータをFeedlyに移し、Reederで読めるようにするまでの流れを今更ですが紹介します。

Reeder?

ReederはもともとGoogleリーダーのクライアントでしたが、今回の提供終了にあわせて他のオンラインRSSリーダーサービスもサポートし始めました。

The Future of Reederによると、これらのサービスに対応するそうです

ただし、これらはiPhone版だけのようで、Mac版やiPad版は対応しないどころか、一旦提供を終了するのかな?自動翻訳で読んでるので確証はないですが、AppStoreから一度削除するようなことが書かれていました。(その代わりiPhone版は無料になったそうです)

ということで、Reederで取得するRSSを管理する方法を変更する事になるのですが、ここでまず大きく2つの選択肢がでてきます。

  • 1つはGoogleリーダーに変わる別のサービスに移行してそこと同期すること、
  • そしてもうひとつは、一番下にもあるStandalone、つまり、アプリ内でRSSの管理も行うという方法です。

前者のメリットは、

  • Googleリーダーから簡単に引き継げるようになっているサービスが多いこと
  • RSSリーダーサービスを軸に同期させるので他の端末とRSS一覧や既読状況を共有できること

などがありますが、今回のように、オンライン側のサービス提供が終了してしまったらまた難民になってしまいます

後者は、アプリ内部でRSSの管理なども行うので、外部サービスの状況に左右されず、Reeder for iOSの提供が終了しない限りは使い続けることができますが、PCの前ではデスクトップ版、移動中はiPhone版といった風に使い分けている場合は、既読状況が共有出来ません(NoSyncとあるので)。

まぁ、サービスプロバイダが提供をやめる時はまたエクスポートする方法を用意してくれるだろう…と信じつつ、今回はFeedlyに引越しを行うことにしました。

Googleリーダーのデータをダウンロードする

ではさっそくFeedlyへの引越しを始めましょう。

Googleには、Google Takeoutという、Googleのデータをエクスポートする仕組みがあります。リーダーの提供は終了しましたが、リーダーで管理していたRSSの一覧などは、まだここからダウンロードすることができますので(記事作成時点では)、焦らずとも大丈夫です

まずは、Google Takeoutにログインします。

データエクスポート「すべてのデータ|サービスを選択|ダウンロード」から「サービスを選択」をクリックします。

 google_takeout1  

すると、次のような画面に切り替わりますので、ゲージ(?)が100%になったら「アーカイブを作成」をクリックします。

google_takeout2

 

すると、ダウンロード用のファイルを生成する画面になります。容量が小さければすぐ終わりますが、時間がかかる場合はしばらく放置しておきます。(終了したらメールを送信してくれる機能もありますので定期的にチラ見する必要はなさそうです)

Feedlyのアカウントを作る

準備が終わるまでの間に、Feedlyにサインアップしておきましょう。

といっても、Googleアカウントで利用できますので、基本的には「アプリを許可」するだけです。

feedly-login

Feedlyのサイトに行って、Loginをクリックします。

するとポップアップで「許可のリクエスト」という画面が出ますので、「承認する」をクリックすればログインできます。

Googleリーダーのデータをインポートする

さて、そろそろGoogle Takeoutの準備が終わっているかもしれません。先ほどのページに戻ってみましょう。

準備が完了していれば「ダウンロード」ボタンが出ていますので、クリックすれば、

自分のGoogleアカウント(Gmailアドレス)-takeout.zip

というZIPファイルをダウンロードできますので、ダウンロードし、解凍します。

解答したフォルダの中にある「リーダー」フォルダを開きます。[*1]

 

すると、subscriptions.xml というファイル ((拡張子を非表示にしている場合は、subscriptionsのみで.xmlは見えません)) があることを確認しておきます。

feedly_import1続いて、Feedlyの画面を開きます。

サイドバーの「+Add Content」から「Import OPML」をクリックします。

feedly_import2

すると、右側の画像のような画面になりますので(クリックで拡大します)、ファイルを選択するボタンから、先ほど確認したsubscriptions.xmlを選択し「Import」をクリックします。

これでGoogleリーダーのデータをFeedlyにインポートできました。

Reeder for iOSの設定をする

Feedlyもクライアントアプリを持っていますが、やはり使い慣れたReederで読みたいですよね。というか今回はそれが目的でしたし。

ということで、アプリの設定を行います。

  1. Reederのホームから「Settings」を開きます
  2. 「Accounts」から「Add Account…」をタップします
  3. 「New Reading」から「Feedly」をタップします
  4. Feedlyのログイン画面になるので、「Sign Up with Google」をタップし、先ほどと同じようにアプリを許可します。

以上でReederからFeedlyのデータを読めるようになりました。

あとはGoogleリーダーの方はいらなければ「Setting」まで戻り、「Accounts」から今まで使っていたGoogleリーダーの設定の方をタップし、一番下までスクロールしたところにある「Delete Account」をタップするとアカウントの設定を削除出来ます。

おつかれさまでした。

TAGS